お知らせ

冬の自然観察会のお知らせ

雪の降り積もった遊歩道を自然観察しながら歩きます。厳しい冬にも生き物たちは様々な方法でその生命を繋いでいます。雪上に見られる生き物たちのサイン。そしてダイナミックに凍りついた「大明神の滝」(通常非公開)。菅平ナチュラリストの会(ボランティアガイド)がご案内します。

◇日時:令和2年2月1日(土)9:30~12:00(9:00受付開始)

◇場所:筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所(長野県上田市菅平高原1278‐294)

◇定員:30名(申込多数の場合は抽選となります)

◇参加費:50円(保険代)

◇服装等:防寒着上下、防寒靴、防寒帽子、雨具(防水性があれば防寒着と兼用可)、ストック(あれば)

◇その他:悪天候の場合は中止となります

◇申し込み:1月20日(月)~24日(金)の期間に、参加者全員(複数でお申し込みの場合)の氏名と住所、代表者の電話番号、メールアドレスまたはFAX番号を明記の上、メールまたはFAXで下記へ。

 

<お問い合わせ・お申し込み先>

筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所(担当 山中)

TEL 0268-74-2002 / FAX 0268-74-2016

メール ikimono#a#sugadaira.tsukuba.ac.jp(#a#を@に置き換えてください)

チラシのダウンロードはこちら>>

2019年2月の自然観察会の様子
2019年2月の自然観察会の様子

 

Page Top

筑波大学 筑波大学山岳科学センター