お知らせ

English

11月15日 気候変動下における山岳の生物多様性と持続可能性を探る! 筑波大学山岳科学センター 第2回国際シンポジウムを開催

(2018年10月31日 公開)

11月15日 気候変動下における山岳の生物多様性と持続可能性を探る! 筑波大学山岳科学センター 第2回国際シンポジウムを開催

11月15日(木)

つくば国際会議場ホール(つくば市)で、筑波大学山岳科学センター主催の国際シンポジウムを開催します。

2回目となる今回は「気候変動下における山岳の生物多様性と持続可能性」をテーマに、海外から著名な講師陣をお招きするほか、国内組も多彩なキャストを揃えて問題の核心に迫りたいと考えています。

オーガナイザーは、筑波大学山岳科学センターの津村義彦教授と、同菅平高原実験所の津田吉晃準教授が務めます。

参加は無料、事前登録不要となっていますので、山岳の生物多様性に関心がおありの方は、足をお運びください。

*国際シンポジウムのチラシ(日本語版)は、こちらからご覧いただけます。》

*英語版(English edition)のチラシもご用意してあります。》

 

Page Top

筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所
〒386-2204 長野県上田市菅平高原 1278-294
TEL 0268-74-2002 FAX 0268-74-2016

写真(一部):横塚眞己人(写真家)
写真の転用はご遠慮ください。
Copyright © University of Tsukuba Mountain Science Center. Allrights Reserved.