English

お知らせ

2月20日 陸域生物学実習&動物学野外実習をレポート!

2月20日 陸域生物学実習&動物学野外実習をレポート!

 

2月18日(月)から同22日(金)にかけて、筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所において、「陸域生物学実習」(院生向けとして「動物学野外実習」)が開催されました。

今回お伝えするのは、そのプログラムのなかの第3日目、「野鳥等観察編」です。

出発前のガイダンス
よ~く聞いておいてネ

 

まずは出発前のガイダンスから。

今日の実習のポイントなどについて、町田教授の口からは、軽快なお話がポンポンと飛び出します。学生たちも興味津津といった様子。

 

はやる気持ちをおさえて、まずは座学をしっかりと。

ほら、君たちの長靴も、スタンバってるぞ!

スタンバって長靴くん

 

今回、学生たちはそれぞれの研究テーマごとに、5つのグループに別れて実習に参加しています。下の黒板は光ってよく見ませんが、第一班のテーマだけははっきりと読めます。

 

「穴を探せ!(ヤマネを求めて三千里)と。

グループ別の課題を書き出した黒板

 

さあ、出発だ! 最初にネズミの穴を見つけてみよう!ネズミの穴を探してぞろぞろと。

長靴を履いて、いよいよ出発だ。

菅平高原実験所の敷地内には、まだ雪が大量に積もっている。

最初の課題は「ネズミの穴を見つけてみよう」というもの。

学生たちは、目をこらしながら敷地内の道を進んでいく。

ところが残念なことに、昨夜来の雨がネズミ穴の周りを溶かしてしまって、なかなか見つけることができない。

 

「確か去年は、このへんでいくつか見つけたんだけどな……。」

と、TAを務める山本くん(菅平高原実験所・院生)も、少し残念そう。

ネズミが出入りすることで穴の周りがツルツルしているので、そういうところを探せばよいと、同じくTAの武藤くん(菅平高原実験所・院生)からもアドバイスが入るが、それでも穴は見つからない。

 

そうこうしているうちに、山本くんが狐の新しい足跡を発見。おまけに糞も。

「このウンコには動物の毛も混じってるぞ。」

これも研究材料だといって、動物の足跡などを追跡しているグループに糞の採取を促す。さすがは、転んでもただでは起きない山本くんだ。

 

カケスに騙された!

野鳥の声に耳を澄ませながら、実験所の敷地を出て公道へ。

すると、突然、けたたましい鳴き声が!

「何かな?」

と町田教授。

「アカゲラですね。大層な声を出したところをみると、きっと何かにびっくりしたのだと思います。」

武藤くんがすかざす答える。

かつて、日比谷(日比谷高校)のファーブルといわれた武藤くんは、鳥にもめっぽう詳しい。

すると町田教授が、

「カケスっていう鳥がいるでしょう。あの鳥はね、ほかの鳥の物真似をするんだよ。前に、コジュケイの声で鳴いたカケスがいたな。」

女子学生から一斉に、ため息ともつかない声が挙がる。

「へえ~。」しばし野鳥観察に没頭。

 

時を忘れて、みなで双眼鏡を覗き込む。

至福のひととき。

うららかに青い空に日は照り、遠く四阿山はまだ深い雪の下だ。

 

カワゲラパラダイスだ! まつりだよ!

遠く近くに野鳥の声を聞きながら、皆で公道を進んでいくと、先頭を歩いていた八畑講師から大きな声が挙がった。

「わあ、カワゲラだ。カワゲラパラダイスだ! まつりだよ!」

声のする方を注目すると、確かに、大量のカワゲラが、ガードレール脇の雪上を移動している。

 

カワゲラパラダイス

その数、幾百、幾千匹とも知れず。

カワゲラがこの冬空に、いったい何をしているのか?

カワゲラといえば武藤くんの専門だ。そこで、彼をつかまえて、いくつかの質問を試みた。

 

「カワゲラたちは、いったいどこへ向かっているのですか?」 

「彼らはこの川の上流で産まれましたが、下流に流され、そこで羽化したのです。そして、これから、産まれた場所(上流)に還っていくところなんです。」

「そこで何をするのですか?」

「産卵をします。」

「どうして行進していくんですか?」

「この時期に産まれるカワゲラには羽がないので、はっていくしかないのです。」

「なかには、戻っていってしまうものもいますが、どうしたのでしょうか?」

「彼らは太陽をコンパス代わりに上流を目指して行きますが、昼近くになって、一時的に方向を見失っているのかもしれません。」

「トビケラという昆虫がいますが、カワゲラの仲間ですか?」

「いいえ、トビケラはどちらかというと蝶に近い昆虫で、蛹になります。でも、カワゲラは蛹になりません。進化的には、トビケラよりも古い虫だと考えられています。」

「ところで、このカワゲラはなんというカワゲラですか?」

「ミヤモトクロカワゲラです。」

さすがは虫博士、回答にいささかの淀みもない。

 

びちょびちょぴーぴーぴー

大明神沢の橋までやってくると、熱心に水浴びをしている鳥が目についた。

水浴びをしては高い梢まで舞い上がり、互いに澄んだ声で鳴き交わしている。

ヒバシリではないか、ということになったが、ヒバシリは留鳥(渡りをしない鳥)のなかでも、なかなか目撃できない鳥として知られているのだそうな。

で、さすがの講師陣も確信が持てない。

そこで、

「ググってみー。」

ということになった。

 

素直にググった女学生がのたまった。

「びちょびちょぴーぴーぴー」

「いや、そうじゃなくて、実際の鳴き声を聞かせてよ?」

「ここで鳴らしてもいいんですか?」

「いいよ」

女学生のスマホから、ヒバシリの鳴き声が響きわたる。

すると、そのさえずりに応えるかのごとく、梢からスマホとまったく同じ鳴き声が降ってきた。

「ああ、やっぱりヒバシリだ、ヒバシリだ。」

学生そっちのけで、講師陣がいたく感動している。

ここから先は、ヒバシリとの交歓の場となった。

 

あれだ!

 

あれだ!

武藤くんが高い高い梢の一点を指差す。

学生たちから感動の声が挙がった。

「やあ、やあ、今日はヒバシリまつりだ! もう帰ってもいいや。満腹だ!」

どうやら八畑講師はまつり好きらしい。

 

「ヒバシリって初めて聴いたよ。」

「あんな声出すんだ。」

「鳴いているわ。」

「鳴いているね。」

「あ、あっちへ行った。」

「飛んでっちゃった。」

 

ほかにも、コゲラ、エナガ、キクイタタキなどがやって来て、自慢の喉を披露してくれた。それから、ニホンリスもやってきて、愛くるしい姿を皆の目に焼き付けてくれた。

 

参加された学生さんかひと言

最後になりましたが、この実習に参加された学生さんの感想を記しておきます。筑波大学以外の大学からやってきてくれた2人の学生さんのコメントです。

 

☆生物を中心に勉強されてきた学生さんたちと交流し、その発想力や好奇心に大きな刺激をうけました。また、自分たちでテーマを決めて研究することができたので、よい経験になりました。できれば、もっと日数をかけて調査したかったです。

 

☆様々な発見があり、まだまだ知りたいことがたくさんあるので、もっと菅平で研究したいと思いました。筑波大学の皆さんも優しくて、快適に過ごすことができました。本当に楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page Top

筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所
〒386-2204 長野県上田市菅平高原 1278-294
TEL 0268-74-2002 FAX 0268-74-2016

写真(一部):横塚眞己人(写真家)
写真の転用はご遠慮ください。
Copyright © University of Tsukuba Mountain Science Center. Allrights Reserved.