教育関係共同利用拠点
公開実習

モデル生物多様性実習

モデル生物多様性実習

単位 1.5単位
標準履修年次 2・3年次, 夏季休業中 集中
担当教員 佐藤 幸恵, 出川 洋介
申込先・提出書類について

授業概要 現代生物学の多くの研究は、ショウジョウバエやシロイヌナズナ、酵母などの「モデル生物」によって支えられている。本実習では、野外に出かけてモデル生物種やその近縁種の多様な実体を体感することにより、興味深い生命現象を進化させてきた自然の生態系と、そこでの多様な生き物との関わりを理解することを目的とする。モデル生物に興味のある学生だけでなく、将来、生物学関係の教育に携わりたい学生も歓迎する。
授業形態 実習・実験・実技
授業目的 野外に出かけてモデル生物種やその近縁種の多様な実体を体感することにより、興味深い生命現象を進化させてきた自然の生態系と、そこでの多様な生き物との関わりを理解することを目的とする。
授業内容 第1日 菅平高原実験所集合/ガイダンス/訪花者記録用カメラの設置/エクスカーション/講義 第2日 ショウジョウバエの採取/ショウジョウバエの消化管および花蜜由来の酵母の培養 第3日 ハナバチ由来の酵母の観察/シロイヌナズナ近縁野生種の葉形質の測定 第4日 ショウジョウバエの多様性評価/ハダニ類の観察/培養下での酵母の検出と観察 第5日 データの解析、結果のまとめと発表 (後文) 野外状況、天候条件等により、内容およびスケジュールは変更する。
単位取得条件・成績評価基準 実習の取り組み状況と成果発表、必要に応じて実習のレポートに基づいて評価する。
申込先・提出書類について

  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ

Page Top

筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所
〒386-2204 長野県上田市菅平高原 1278-294
TEL 0268-74-2002 FAX 0268-74-2016

写真(一部):横塚眞己人(写真家)
写真の転用はご遠慮ください。
Copyright © University of Tsukuba Mountain Science Center. Allrights Reserved.