教育関係共同利用拠点
公開実習

動物分類学野外実習

動物分類学野外実習

単位 1.5単位
標準履修年次 2・3年次, 春C集中
担当教員 町田 龍一郎, 八畑 謙介, 佐藤幸恵
申込先・提出書類について

授業概要 動物界の約3/4の種類数を占める昆虫類を主な対象として,野外観察・採集・標本作製を行い,分類学・形態学の実際を体験し,方法を習得する。
授業形態 実習・実験・実技
授業目的 昆虫類はわれわれに最も身近であり、動物既知種の3/4を含む、この地球上で最も繁栄している動物群の一つである。本実習は、この昆虫類を対象とし、講義ならびに実際の野外観察・採集・標本作成を行うことにより、この動物群の分類・系統・形態・節足動物における位置づけなどの基礎的知識を得、方法を修得することを目的とする。あわせて系統分類学の実際を学ぶ。
授業内容 第1日 昆虫類・節足動物の概説 第2日 昆虫類各目および採集法・標本作成法の概説。節足動物を主とした土壌動物の観察。 第3日 野外における観察・採集。採集品の観察・同定・標本作成 第4日 同 上 第5日 形態を重視した採集品のスケッチ作業。必要に応じ採集も行い、同定・標本作成を継続する 第6日 まとめ・リスト作成 第3日以降については気象状況による変更があり得る。
前提科目・履修上の注意事項 1)「分類学概論」・「動物系統分類学I」・「生物学特講 VII 昆虫学」を履修しておくことが望ましい。 2)事前(6月の予定)にガイダンスを開くので掲示に気を配ること。履修申請を行っていても、ガイダンスに参加しないものの受講は認めない 3)事故防止のため二輪車・自家用自動車での参加は禁止する 4)体調の悪い者や伝染性の病気にかかっている者は参加を自粛する(前日までは担当教官、当日は電話でセンターに申し出る) 5)実習中の事故等に備えて保険に加入しておくこと(生命環境科学支援室、学生担当に相談する)
単位取得条件・成績評価基準 成果発表、実習終了時に提出するレポートで成績を評価する
準備学習・事後学習 受講者の理解度に応じ、授業中に指示する。
指定教科書 なし
参考書 テキストを準備するので特に必要はない。主要なものは実験センターの図書室で閲覧可能
オフィスアワー 菅平高原実験センター(0268-74-2002) 町田 龍一郎 事前連絡が望ましい 生農棟B708/菅平高原実験センター 内線6679/0268-74-2002 / 生農棟B708/菅平高原実験センター 内線6679/0268-74-2002 machida@sugadaira.tsukuba.ac.jp http://www.sugadaira.tsukuba.ac.jp/machida/mushi.html 八畑 謙介 平日午後 2D415 6651 yahata@biol.tsukuba.ac.jp
受講生に望むこと 本実習はあまり楽なものではないと思います。ですから、一所懸命やれる学生の受講を期待します。私たちも一所懸命やりますから、皆さんも一所懸命実習し、分からない点はどんどん質問してください。そうすれば、実習が終了したとき、皆さんは昆虫にこの上もない親しみをおぼえ、どんな昆虫を見ても目レベル(全部で約 30 目)の区別はできるようになっているはずです。
申込先・提出書類について

  • 拠点概要
  • 公開実習
  • お問い合わせ

Page Top

筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所
〒386-2204 長野県上田市菅平高原 1278-294
TEL 0268-74-2002 FAX 0268-74-2016

写真(一部):横塚眞己人(写真家)
写真の転用はご遠慮ください。
Copyright © University of Tsukuba Mountain Science Center. Allrights Reserved.